愛知、岐阜、名古屋、春日井、小牧市で樹木葬・永代供養墓・墓じまいなら「はなたま」にご相談ください。

樹木葬・永代供養墓について

jyumokusou・Eitaikuyou

永代供養墓・樹木葬ってどんなお墓なの?

永代供養墓・樹木葬は、墓地の承継者が居なくても利用できて管理が非常に楽な利用者様には負担が少ないお墓です。
墓地・霊園にもよりますが宗旨・宗派に関係なく、誰でも利用することができる所が多く、
寺院が永代に渡り責任を持って管理・供養をしてくれるので、安心して利用していただくことができます。
「自分が亡くなってから後継者に迷惑をかけたくない」と考える方が増え、
特に60代〜70代の方で生前からご契約いただく方が増加しています。

利用者の増加に伴い、永代供養墓・樹木葬が増えてきました。
大きさ、デザイン、仕様が様々で一般の方には分かりにくくなっていると思いますので、
以下に大まかなタイプを御紹介していきます。

永代供養墓の種類について

大まかに永代供養墓は「合祀タイプ」と「個別納骨タイプ」に分けられます。

樹木葬の種類について

大まかに樹木葬は下記のタイプに分けられます。

永代供養墓を選ぶポイントは?

樹木葬・永代供養墓は永代にわたって利用されるモノです。
ご契約後に後悔しないようチェックするポイントをご説明させて頂きます。

永代供養墓所としてしっかり整備されていますか?

永代供養墓所・樹木葬としてキチンと整備してありますか?
需要の高いことに乗じて予算を描けず簡素な造りにし見合わぬ価格の墓所も見かけます。
他の一般墓所の並びの中で空いている区画を使って「とりあえず造ってみました」と言うような雰囲気を感じる墓所は注意が必要です。
永代に渡り御供養していく場所ですからしっかりと整備されている事が大切です。

料金体系の確認と期限は必ず見ましょう!

料金体系と期限は最も気になるポイントの一つかもしれません。
料金も各霊園のよって金額は様々ですし料金システムは千差万別です。
下記の事柄に注意しチェックしましょう。

しっかりとした料金内訳書を出してくれるか。
また、契約書はしっかり交わしましょう!

一括で〇〇万円ポッキリ払い込みで後は全てOK!みたいな方が分かりやすくて良いと思われる気持ちも分かりますが、その金額の内訳は様々な項目(墓地使用料・管理費・永代供養料など)が有り宗教法人の運営が大半ですので非課税区分と課税分に分かれる項目もあります。
キチンと内訳を明示して納めるべき税は納め、適切な会計がされている墓地運営者の方が正直で信頼できると思いませんか?
また、料金内訳書も大事ですがしっかりとした契約書を交わすことも忘れてはいけません。墓地墓所として永代に渡り使用していくための重要な契約事です。お寺との口約束だけでなく、キチンとした契約書を交わしてもらえる事も将来に揉め事を残さないために必要な事です。

放置になりませんか?
永代供養墓・樹木葬の管理体制もチェック!

広大な墓地・墓所の場合、寺院単独で維持管理してゆくのはなかなか難しい事です。サポート企業と連携しながら健全な墓地運営がなされている事も大切ではないでしょうか。