愛知、岐阜、名古屋、春日井、小牧市で樹木葬・永代供養墓・墓じまいなら「はなたま」にご相談ください。

樹木葬・永代供養墓の企画・運営

Eitai produce

樹木葬・永代供養墓・散骨をお考えの御寺院様へ

昨今、少子高齢化・宗教観の変化・希薄化により急速にお墓離れ、
それに付随するように檀家離れも進んでいるのが現状ではないでしょうか?
各御寺院様におかれましても檀家様だけに頼らない自立した様々な取組みをなさっている事だと思います。
その取組の柱の一つとして樹木葬・永代供養墓の使用者を募り
「檀家・信徒・会員」の数の底上げを図り少しでもお寺と関わりを持ってもらい、
御寺院様本来の勤めでもある葬儀・法要・御供養に触れる機会を増やす事を目的とし、ご提案致します。

安易な考えで造ると必ず失敗します!
樹木葬・永代供養墓を成功に導くには。

「需要が急増しているから造れば使用者ですぐに埋まるだろう」などと
安易な考えで造成し募集をしても上手くいかない事が多いでしょう。
また、うまくいくか分からないから予算を掛けずにとりあえず既存墓地の
微妙な空きスペースに小さく造ってみようと思いがちですが、
近所にライバルになる樹木葬・永代供養墓が無いうちは使用者が現れる事と思いますが、
将来的に近所の寺院に立派な樹木葬・永代供養墓が出来はじめると競争力に劣り淘汰される事が容易に予想できます。
そして、すでにご利用されている使用者の方が他の立派な樹木葬・永代供養墓を知った場合に
微妙な心持となり後悔される事になります。
その様な事態を招かない為にも各寺院の敷地面積に合わせた専用区画としてきちんと整備・造成し、
しっかりと管理して行くことが将来性を見据えた健全な運営として大切になります。

成功への道しるべ
  • すぐに区画が埋まるだろう!と言う安易な考えを捨てる。
  • それなりのスペースを確保し、専用区画として造成する。
  • 将来的に競争力の有る見栄えする造り、金額設定にする。
  • 寺院・墓地周りの環境整備に力を入れる。
  • 適切な募集・管理・運営を行う。

導入を検討したものの樹木葬・永代供養墓が
うまくいかない理由は他にもあります。

樹木葬・永代供養墓の設置には、
事前の準備や、役所の手続き、また設置後も
必要書類や販売体制の整備などさまざまなノウハウが必要となります。

既存の檀家制度との整合性

樹木葬・永代供養墓は代々の承継を必要としないタイプのお墓であり、長い間、経済的にもお寺を支えてきこられた檀家様の中には、樹木葬導入に不公平感を感じる方もいらっしゃいます。
樹木葬・永代供養墓の導入にあたっては、既存の檀家制度との整合性、公平性に配慮する必要があります。

行政への許可・届け出

樹木葬・永代供養墓の導入の際、境内地内での造成の場合も役場への許可申請、届出が必要となるケースがあります。この申請・届出をせずに造成を行うと、樹木葬・永代供養墓の使用者募集開始後に、業務停止や改善命令を受けることがあるので、注意が必要です。

約款、規程類の整備

一般墓所は利用者に対して区画を貸す契約ですが、樹木葬・永代供養墓は期限・埋葬人数・期限後の遺骨の取扱いなど一般墓所より細かい約款・基底を整備する必要はあります。

販売戦略の策定

当然のことですが、ただ樹木葬・永代供養墓を作るだけでは利用者の増加にはつながりません。
利用者を募集するためには、競合の有無の確認や葬送の地域性、有効な広告媒体の選定などに注意しながら、利用者の募集を行う必要があります。

このように永代供養墓・樹木葬を導入するには
多くの課題をクリアしなければいけません。
そこで・・・

安心・安全な管理・運営サポート!
はなたまの永代供養墓・樹木葬プロデュース
御寺院様の費用負担なし!!

「はなたま」では御寺院様より委託を受け、樹木葬・永代供養墓・散骨などの
企画・管理・募集代行を行う事により墓地・墓所全体の管理もさせていただいております。
夏場の墓地内外の草刈り・除草作業、また近年では使用者不明の無縁墓地なども問題となっておりますので、
その墓石の撤去処分・墓地整理なども行っています。

長年、お墓・供養・石材加工に関わってきたプロとして
完全自社での設計・施工!

近年、樹木葬・永代供養墓などを様々な業者が造成した墓所を多く見かけるようになってまいりました。
しかしながら躯体強度が不十分で地震や経年劣化などで不安を覚えるものや、
管理が行き届かなく植栽が枯れたり、汚れが目立ち粗末に感じられるものも見受けられます。
特に樹木葬・永代供養墓は多くの方が共同で永代に渡り永く使用されるものですので、
美観も重視しつつ将来を見据えた企画・設計・施工が大切になります。
「はなたま」では、ご提案から企画・設計・施工・募集・管理まで自社にて一貫して責任を持ち事業を進めてまいります。